貸切バス運行管理者の補助者も届出が必要になります。

0

    平成28年12月より、貸切バスの運行管理の強化として、運行管理者の
    制度が改正されました。

     ̄森坿浜者となるには、運行管理者(旅客)に合格したものに限定。
    ¬覺岷森垰の中間点呼の実施。
    J篏者の選任は届出が必要。

    となりました。

    次のい砲弔い討蓮∧神29年12月に施行予定となっております。

    ど要な運行管理者数の変更(H29.12施行予定)
    現在30両に1人→20両に1人(最低2人が必要)


    以前は、貸切バスの運行管理者になるためには、運行管理者試験に合格するか、
    実務経験+定められた講習の受講で資格を得ることが出来ましたが、
    平成28年12月から、運行管理者試験の合格に限定されました。

    また、運行管理者の業務のうち「点呼」を代務できる補助者を選任する場合は、
    運輸局への届出が必要になります。

    補助者の届出は、運行・整備管理者選任等届出書の「補助者」の欄が追加されていますので、
    管轄運輸局に届出書と基礎講習を修了したことを証する書面のを持参し届出ることになります。


    貸切バス初任運転者の指導・教育が一部変更されました。

    0

       国土交通省告示
      「旅客自動車運送事業者が事業用自動車の運転者に対して行う指導及び監督の指針」
      が一部改正され、平成28年12月1日に施行されました。

      <strong>初任運転者の指導・教育は、今までは</strong>

      ○告示で定められた4項目を網羅した内容の指導を、座学で6時間以上指導する。
      ○実技に関しては、「実施することが望ましい」

      とされていました。
      必ずしも、実技訓練を行わなければなららい訳ではありませんでした。

      <strong>平成28年12月1日からは、</strong>

      実技訓練を20時間以上行うことが義務付けられました。

      実際に運転する自動車で実施
      実際に運行する可能性の高い経路を踏まえ、市街地、坂道、隘路、高速道
      路等において実施
      日中だけでなく、夜間の運転についても実施
      ドライブレコーダーの映像で運転者に自身の運転内容を確認させつつ実施
      事故惹起運転者に対しては、事故時のドライブレコーダーの記録を確認さ
      せた上で実施

      とされています。

      また、4項目6時間のだった座学教育は、一項目増え、H29.12月から5項目10時間以上となります。
      増えた一項目は、
      「安全性の向上を図るための装置を備える貸切バスの適切な運転方法等」です。

       


      また、直近1年間に乗務経験のない区分の車種(中型から大型など)に乗務する場合も、
      初任運転者同様の20時間以上の実技訓練が必要になります。

       

      乗務員に対する指導・監督は適切に記録し、3年間保存しておくことになっています。


      旅客自動車運送事業運輸規則の一部改正(H28.11.15)

      0

        平成28年11月15日に旅客自動車運送事業運輸規則が一部改正され
        施行されました。

        主な内容は、

        (1) 一般貸切旅客自動車運送事業者について、営業所ごとの運行管理者の必要選任数を20両ごとに1名
        (100両以上分は30両ごとに1名)・最低2名とします。(現行は30両ごとに1名)
        (2) 一般貸切旅客自動車運送事業について、運行管理者の資格要件を試験合格者のみに限定します。
        (現行は一定の実務経験、講習受講による資格取得が可能)
        (3) 旅客自動車運送事業者に対して、運転者に直近1年間に乗務していなかった車種区分の事業用自動車
        を運転させる場合に、特別な指導・監督の実施を義務付けます。
        (4) 夜間・長距離等の運行をする貸切バス運転者について、道路及び運行の状況や疲労の有無等を確認す
        るための中間点呼を実施することを義務付けます。
        (5) その他、貸切バスの事業の適正な実施、国への報告等について義務付けを行います。

        となっており、(1)については平成29年12月1日に施行。
        (2)から(5)は平成28年12月1日施行となりました。

        運行管理者になれる人は、運行管理者試験に合格した人だけとなります。
        また、(3)については、例えば、中型バスの経験しかない運転士を大型バスに乗務させる
        場合は、初任運転者と同様の指導・監督を行わなければなりません。

         

         

        貸切バスに関しては、これからも細かい制度の変更がおこなわれます。
        安全運行のため、確実な運行管理を行うことが必要です。



        calendar

        S M T W T F S
         123456
        78910111213
        14151617181920
        21222324252627
        28293031   
        << January 2018 >>

        事務所

        以前のブログ

        2017年3月以前の記事はこちら

        http://blog.goo.ne.jp/gyo-yama

        小規模バス事業サポートホームページ

        selected entries

        categories

        archives

        recommend

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM