旅客自動車運送事業運輸規則の一部改正(H28.11.15)

0

    平成28年11月15日に旅客自動車運送事業運輸規則が一部改正され
    施行されました。

    主な内容は、

    (1) 一般貸切旅客自動車運送事業者について、営業所ごとの運行管理者の必要選任数を20両ごとに1名
    (100両以上分は30両ごとに1名)・最低2名とします。(現行は30両ごとに1名)
    (2) 一般貸切旅客自動車運送事業について、運行管理者の資格要件を試験合格者のみに限定します。
    (現行は一定の実務経験、講習受講による資格取得が可能)
    (3) 旅客自動車運送事業者に対して、運転者に直近1年間に乗務していなかった車種区分の事業用自動車
    を運転させる場合に、特別な指導・監督の実施を義務付けます。
    (4) 夜間・長距離等の運行をする貸切バス運転者について、道路及び運行の状況や疲労の有無等を確認す
    るための中間点呼を実施することを義務付けます。
    (5) その他、貸切バスの事業の適正な実施、国への報告等について義務付けを行います。

    となっており、(1)については平成29年12月1日に施行。
    (2)から(5)は平成28年12月1日施行となりました。

    運行管理者になれる人は、運行管理者試験に合格した人だけとなります。
    また、(3)については、例えば、中型バスの経験しかない運転士を大型バスに乗務させる
    場合は、初任運転者と同様の指導・監督を行わなければなりません。

     

     

    貸切バスに関しては、これからも細かい制度の変更がおこなわれます。
    安全運行のため、確実な運行管理を行うことが必要です。



    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>

    事務所

    以前のブログ

    2017年3月以前の記事はこちら

    http://blog.goo.ne.jp/gyo-yama

    selected entries

    categories

    archives

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM